演劇団体/演劇教育/芸術鑑賞会/劇団イング(ing)
演劇団体/演劇教育/芸術鑑賞会/劇団イング(ing)
劇団情報
劇団紹介・アクセス
中学校・高等学校職員様の方へ
演劇鑑賞会 主催の方へ
お問い合わせ・資料請求
EDDIE
ストーリー
エディ・タウンゼントとは
劇評・ご感想
舞台写真
キャスト・スタッフ
上演記録
無伴奏デクノボー奏鳴曲
ストーリー
宮沢賢治とは
劇評・ご感想
舞台写真
キャスト・スタッフ
上演記録
その他
ジャップリン 旗揚げ公演決定!

デクノボー STORY

ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ クニモサレズ
サウイウモノニ ワタシハ ナリタイ・・・・。


デクノボーストーリー
デクノボー

チェロの練習をしている藤井つとむ。
弾いているのは、宮沢賢治が作った
「星めぐりの歌」。
いつのまにか、見知らぬ女が来て聞いている。
「どうしてセロをやろうと思ったの?」
「宮沢賢治を芝居にしたいので、
賢治さんの好きだったチェロを弾けるようになりたいと思って……」
ゴーシュの水車小屋は、
賢治がひとり住んだ桜の家だったのではないか、ということから、


ストーリー2

ちょうど≪セロ弾きのゴーシュ≫
を書きなおしていた時期の賢治の日々を、
≪セロ弾きのゴーシュ≫のエピソードと
重ねながら、演じていく。
なぜかうれしそうに≪セロ弾きのゴーシュ≫
の登場人物たちを演じ、とし子を演じ、
母や末の妹を演じる見知らぬ女。
そして明らかになる、改宗をめぐる父との確執、
とし子との看病の日々、教師であることの矛盾に苦しむ賢治。
何をやっても金持の道楽としか思われないおのれへのいらだち。
演ずるにつれあきらかになる
賢治のデクノボーぶり。

サンプル画像

ストーリー3
サンプル画像

ゴーシュは、賢治自身だったのだ。
動物たちとの交流によって、
アンコール曲で聴衆を圧倒するまでになるのは、
農民たちとの幸福な関係を願う
賢治の夢だったのだ。
ふと気がつくと、まるで賢治の世界
と熟知しているように
相手役を演じていた女は、姿を消している。
「誰だったのだ、あの人は……まさか、とし子さん……?」


COPYRIGHT©2008 劇団イング. ALL RIGHTS RESERVED.