演劇団体/演劇教育/芸術鑑賞会/劇団イング(ing)
演劇団体/演劇教育/芸術鑑賞会/劇団イング(ing)
劇団情報
劇団紹介・アクセス
中学校・高等学校職員様の方へ
演劇鑑賞会 主催の方へ
お問い合わせ・資料請求
EDDIE
ストーリー
エディ・タウンゼントとは
劇評・ご感想
舞台写真
キャスト・スタッフ
上演記録
無伴奏デクノボー奏鳴曲
ストーリー
宮沢賢治とは
劇評・ご感想
舞台写真
キャスト・スタッフ
上演記録
その他
ジャップリン 旗揚げ公演決定!

スタッフ・キャスト

藤井つとむ  作/演出

「選手が試合で負けた時はネエ、ボクがそばにいてあげるの」。
勝って人が群がってくる選手と、
負けて周りに誰もいなくなる選手。
エディさんにとっては一人ぼっちになった選手を見るのが
何よりも辛かったようです。
「トレーナ大切なのはネエ、ラブですよ。あの変なラブではないよ。
ハートのラブよ。」
負けた選手のそばには常にエディさんの姿があったといいます。
しかし、反面エディさんは多くの選手を勝利へと導いていった
ことも事実です。「僕はネエ、神様に1日1時間。時間上げるの」。

藤井 つとむ
コメント続き


戦いを強いるトレーナーとして、戦う者の悲哀を知る人間として、様々なジレンマの
なかでエディさんは何を祈ったのでしょうか。
エディさんは73歳で亡くなりました。なくなる直前まで病気をと戦いながら
ボクシングトレーナーという厳しい仕事をやり遂げました。
エディさんが入退院を繰り返してトレーナーを続けることができなくなってきた時、
「新しいトレーナーに替えるんですか?」という記者の質問に、
教え子の井岡弘樹選手はきっぱりと言い切りました。
「僕のトレーナーはエディさんです。エディさんに教えてもらったことを思い出しながらやります!」
しかし、エディさんは帰らぬ人となりました。
かつてエディさんに教えてもらった数多くの選手達。
その選手達の心の奥底に今もエディさんは生き続けています。
そして彼らは言います。「僕がいちばんエディさんに愛されたんだ」と。


CAST・STAFF

CAST

藤井つとむ    他


作/演出

藤井つとむ


照明プラン

秋吉 典幸


音響プラン

今西 工


音 楽

大塚 博文


MIQ


ナレーション

佐久間 なつみ


照 明

梶ライティングデザイン
アルテ・シェーナ


音 響

山北舞台音響
中西 梢
岸田直人


協 力

(株)パブリックアートカムパニー
(株)ウイニング
金子ボクシングジム


製 作

劇団イング


スタッフ写真
スタッフ写真

COPYRIGHT©2008 劇団イング. ALL RIGHTS RESERVED.